ばくしんおうさんのレビュー
110件 / 全10
50人が登録
4,968円~
新機軸もあり
2017年12月23日

相変わらずそそるシーンの連続で、満足できる一品。ひとりめの肩口から攻めてセーターを脱がそうとするのは新機軸。そのままもろ肌脱がせてしまってもよかったのでは。反面、下半身の攻撃は甘かった。ふたり目はもう少し攻め手があったように思う。痴漢日記記録シリーズと比較して、カラーかつ鮮明な画像はgoodだが、漫然したインタビューは一考の余地があるかもしれない。

このレビューは参考になりましたか? はい 20 いいえ 19
80人が登録
3,780円~
迫力あり
2017年11月18日

Vol.5をみたあと、購入。Vol.5と同様にリアリティの追求には敬意を表する。撮影のご苦労はいろいろあったものを察する。閑話休題、上方カメラはもう少し使い道があるようにも思う。乳首を追いかけてもいいし。いくつか女優の表情を押さえたカットもあったが、いたずらに背後を映している場面もあり(3人目など)ちょっともったいない。その分、想像力を働かせればいいのだろうか。下方カメラへは結構激しいシーンもあった。平静を装う姿とのギャップも面白いのかもしれない。個人的には3人目の下着がおろされるシーンと6人目が脱がされまいとして必死に押さえるシーンがよかった。巧みな演出と思う。

このレビューは参考になりましたか? はい 38 いいえ 30
76人が登録
3,780円~
リアルさがいい
2017年11月11日

本物の痴漢現場へ潜入シリーズもいいけれど、これもおすすめ。臨場感があふれる。上方カメラの映像のあとに下方カメラが続くという構成は、はじめは違和感もあったが慣れればいいかもしれない。下方カメラが赤外線なので、迫力はあるものの、下着の色などを望む人には不満かも。あとは女優の顔出しが少ない。表情も作品のひとつという観点からは残念かもしれない。しかし、痴漢現場シリーズのインタビューなど「余計な」ものはなく、研ぎ澄まされた職人技が堪能できることだろう。個人的には三人目のスラックスをおろされるシーンと五人目の紐パンが抜かれるシーンがよかった。

このレビューは参考になりましたか? はい 32 いいえ 41
55人が登録
4,968円~
やや迫力に欠けるか
2017年07月01日

このシリーズはいままでよく見ています。興奮させられるものも多かったけれど、この新作はやや迫力に欠けました。対照的なふたり、あまり男性慣れしていない風貌のOLと男を手玉にとる水商売風の女性。狙いどころは悪くないのですが、これまでの作品に比べて踏み込みが甘いと感じました。

このレビューは参考になりましたか? はい 26 いいえ 24
213人が登録
4,968円~
待望の新作
2017年03月14日

前評と重なるところが多いが、このシリーズのなかではずば抜けていい。過激さが加わるも、演出臭がないので本当に痴漢が蠢いているかのような錯覚を覚えさせる。二人目のパンストを脱がせるシーンとか、三人目の紐パンを奪うシーンには目を瞠った。女の子の表情にもそそるものを感じる。これは買いだよ。

このレビューは参考になりましたか? はい 46 いいえ 35
77人が登録
3,240円
ドキュメンタリー風がおもしろい
2016年11月18日

「最強線」と呼ばれていたのはひと昔前だったように思うが、これを見ると車内に防犯カメラが設置されたいまでも一部の車両で女子と痴漢の攻防が繰り広げられているのかもしれない。ドキュメンタリータッチに仕上がった本作は、ひとりの女優が撮影を通じてプライドを傷つけられていく点に関しても、ふつうの痴漢ものAVとは違う。過激さはないけれど、本物好きの方にはぜひどうぞ。

このレビューは参考になりましたか? はい 1 いいえ 1
63人が登録
4,968円~
お薦めします
2016年11月18日

シリーズ最新作は充分堪能できる内容です。ひとりめの茶髪メガネっ子は怯えた表情にそそられます。パンツをおろされて弄られるシーンもgood。乳首を引っ張り出されるシーンも必見。二人目の子は苦悩に悶える表情がいい。もみくちゃになりながらスカートを必死にまくろうとする男性陣がリアルに見えます。まくられたスカートをサイドから撮るアングルも新鮮。ヒップを鷲づかみする様子はうまく撮れたものと思います。いつもながら女の子が恍惚の表情になっていくのがたまりません。貸し切りバスで監督の好きなように演出するAVとは一線を画したシリーズだと再認識しました。

このレビューは参考になりましたか? はい 14 いいえ 12
220人が登録
3,780円~
本物を見たいなら
2016年07月03日

過激が売りの作品もほかにはありますが、やはり本物志向を見たいなら、このシリーズ。総集編ということで、制作時期の違いのせいか、それぞれの演出にばらつきを感じなくもないですが、それは試行錯誤なのでしょう。満員電車の暗部を切り裂く、ある種のドキュメントにも近いかもしれません。撮影の仕方、痴漢(男優?)の確保、スタッフはいろいろ苦労や工夫があるのでしょうが、視聴者としてはうれしいかぎり。リアリティをとことん追求してください。

このレビューは参考になりましたか? はい 23 いいえ 20
116人が登録
4,968円~
だいぶこなれた感がします。
2016年07月03日

シリーズもいくつか作品を重ね、スタッフを含めてだいぶ慣れたというか、こなれた感じがします。複数のアングルの映像もあり、女優さんは決して美形ではないけれど、イヤそうな表情がよく出てました。イヤというより、びっくりなんでしょうね。密室、公衆、複数人なんて、たぶん体験ないでしょうし。 男優陣は、ほんとの痴漢なんでしょうね。はじめはコート、スカート、パンツと少しずつ攻めているところがリアリティ。OK娘とわかったらところで大胆に行き、それに気づいた周囲が、まさに砂糖に群がる蟻のごとく、女優の股間をまさぐる。実際の埼京線でも、まだあるんだろうな、と思わせます。標題ではないけれど、いまは監視カメラもあるし、ほかの乗客の通報など、いろいろ予期せぬこともあるでしょうか、よくぞここまで撮影できたものと思います。なにせ、画をみながら演出することはできないですから。 インタビューが長すぎるのは残念。そこをもっと時間を短くしたらもうひとり入れられたのでは、など思いました。 つぎの作品を楽しみにしています。

このレビューは参考になりましたか? はい 9 いいえ 5
154人が登録
4,860円~
臨場感あり
2016年06月02日

このシリーズ、はじめて見ました。大阪という土地柄(電車のアナウンスなど)が効果的と感じます。前評にあるとおり、抜群の臨場感です。最近の痴漢ものはバスをスタジオ代わりに仕立てているものが多く、いかにもAVという感じですが、本作のシリーズは実際の混雑した電車で撮影しているかのように見えます。欲望のおもむくまま、股間に蠢く複数の手を余すところなく映像化していたく興奮しました。

このレビューは参考になりましたか? はい 23 いいえ 22